工場塗装

工場ごとにベストな塗装をご提案

工場の塗装は、屋根・外壁塗装に加え機械設備や床面など、施工箇所が様々にあります。
一般外壁塗装とは違い、毎日休まず稼働している工場の設備は劣化が激しいため、目的に応じた塗料・工法を見極めなくてはなりません。

また、業種によって水・油・食品・土・石など様々なものを扱う工場では、耐久性に優れておりガスや熱・酸に強い特性がある塗料を選ぶ必要があります。

工場の安定的な生産性を維持するためには、何よりも機器や建物が美しく丈夫であることが前提です。
従業員の皆様が安全かつ快適に作業できる職場環境を整えるためにも、当社がこれまでの豊富な経験をもとにベストな施工をお届けします。

工場内の塗装が必要な場所

□ 外壁・屋根
□ 工場内の機械設備
□ 工場屋内の床面
□ 工場周辺設備(電力・排水処理等)
□ 工場周辺の敷地(アスファルト・コンクリート)

工場塗装が必要な理由

経費削減を目的として
工場の屋根や窓ガラスに遮熱塗装を行うことで、空調のエネルギー消費の低減を図ることが可能。
更には内壁や天井にある種の塗装を施すことで、照度アップが図られ現在設置してある蛍光照明の間引きができ省エネにつながります。

従業員の作業効率アップ
工場をカラープランニングする事により、職場内の環境改善を目指します。
生産工程現場においては、作業効率が向上したとされる事例が多数報告されているため、色相が与える力は絶大です。

企業のクリーンなイメージを保つ
工場のメンテナンスは必要不可欠なもの。
定期的に改修塗装を実施する事により、自社の価値向上はもとより周辺住民からの企業イメージが向上します。

一覧ページに戻る